2007年01月27日

■サーバーの削除

Notes/Dominoシステムからサーバを削除するとき、どのような手順をとっていますか。
私はシステム管理プロセスを使って「サーバー削除」をするものだと信じていたのですが、
意外とこの機能を知らない運用担当者が多いと聞いてびっくりしました。

サーバー文書の削除、関連するグループからの削除、ドミノディレクトリにエントリされている
サーバ名、そしてデータベースのACL。
これらを手動で変更しようなんて、クレイジーだと私は思ったのだけれど、そうでもないらしい。

というのも、小規模のシステムではあまり作業が発生しないので、
あえてシステム管理プロセスを使わず、文書を手動でなおしたり、
削除するケースが多いとのこと。
システム管理プロセスが上手く動かないのであまり使いたくないという意見もある。
確かにシステム管理プロセスが出たてのころは本当に怪しくて、
自分の作ったプログラムの方が、信用できると思ったけれど、
少なくとも最近のバージョンでは基本の機能は安定していると感じていた。

実際にはそうじゃないのかな?とこの話を聞いて思ったりして。

私はどちらでメンバーに作業を推奨しようか、検討中です(笑)。
posted by せりあ at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | Notes/Dominoな仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普段、どれだけ検証をしているかによると思います。検証環境ではやっぱりシステム管理プロセスを使った方が良いでしょう。不具合なしに動いてくれるのであれば、こっちの方が楽ですし、間違いがない。
それに不具合があるなら、IBM/Lotusに報告してあげることも大事だと思います。Notesを愛している?ならなおさら。
なぁんて・・・自分がやったときは手作業でした。
以上、初めてのコメントでした。
Posted by およよ at 2007年01月29日 15:40
■およよさん

結局はシステム管理プロセスでトライ予定です。
Posted by せりあ at 2007年03月01日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。