2007年03月08日

■LotusSpringForumでの全体的な感想

LotusSpringForumに参加した。
主目的はNotes/Domino8がどんな風になってきているか、を知るためだったのですが、
今回はNotes/Dominoを取りまく新製品が紹介されていて、そちらもちょっと興味をそそりました。
技術的な部分は茶坊主くんに任せて(笑)、私は自分が感じたことを書こうと思います。

紹介された製品は技術面から見ると目新しいものはありませんでした。
例えばFrickrはDomino.DocとQuickPlaceのいいとこどりのような製品だし、
ConnectionsはかつてLotusDiscoveryServerが目指していた世界を拡張し、
さらに最近の流行のSNSやソーシャルブックマークを包含したパッケージみたいだし。
世界中で無料で提供されているようなサービスをビジネスとして活用するために、
そっくりパッケージにしました、というあたりはIBMらしいとも思ったけれど。

いろいろな話を聞きながら私はふっと技術とは違うことに興味を持ち始めた。
このセッションで私たちに新しい技術を説明したいというよりは、
自分の仕事のやり方を変える提案をされているのではないかということを感じていた。
技術屋の視点はとかくソフトウェアの機能に向かう傾向にある。
新しいクライアントの機能や開発ツールの機能を見ながら、これがあれば、
何ができるな、とか、こういうアプリを開発するのが楽になるな、とか。
だけれど、もう、私はそういうことを考えるポジションでなくなってきたのかもしれない。

これらのツールをどんな風に使えばビジネスの効率は上がるのだろうかと考えていた。
そう、自分の仕事の仕方はどんな風にかわるのだろうか、と。
スピードは上がるのか、生産性はあがるのか、探し物は楽になるのか、など。

紹介されたコラボレーションツールは会社のビジネスのプロセスを大きく変えるというよりは個人の持っている能力を最大限に引き出して、それを他の社員が活用することにより仕事を効率化しようという発想だ。
かつては組織の意向に応じて、一箇所に情報を集めて活用しようとしていたものを(グループウェアなどの発想)、情報を集約することを強制するのではなく、個人がそれぞれ勝手にアウトプットした(しかも自分のためだったりする)情報を探しやすくしてナレッジを再活用しようというアイディアではないかと思う。

さて、アイディアを形にしてユーザに使ってもらうために、
これらのツールをどんな風に使っていくか、じっくり考えてみよう。
posted by せりあ at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35498491
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。