2007年08月01日

■Webシステムがリプレースしやすいって本当ですか?

猫も杓子もWebシステムが扱いやすいとか、リプレースがしやすいという。

本当にそうですか?
なぜ、そう思うかの根拠を追いかけたことがありますか?

標準だと思っている仕組みは本当に同じものなのでしょうか?

大事なものを見極めたければ表出化された言葉を鵜呑みにするのは危険です。

本当に今のWebの技術は不変ですか?
そう信じられる根拠はなんでしょう?

私自身も考え続けています。
posted by せりあ at 08:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Notes以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1990年前半のC言語の勢いがすごい頃、当時の雑誌にはいままで汎用機で動いていたCOBOL系のアプリが全部C言語に置きなおされるであろうという話まであったと記憶しています。
結果、ハードとしての汎用機は無くなっていったもののCOBOL系アプリ資産はのクラサバベースのハードに載せられて生き残っています。さらにC言語自体はWindowsプロプライエラリなアプリまたはゲームソフトに特化され十数年前の勢いはみる影もありません。
この歴史から言ってWeb/Javaも「10年もたてば単なるIT技術の一角」となっているでしょうね。

「錯覚」している人は「今の流行」しか見ていないから間違う。



Notes屋としてはAjaxとかのせいで将来的にはなんでもかんでもWeb/Javaでブラウザベースのアプリになると「錯覚」している人が多いのは不満ですよね。そんな輩にはとりあえず、この捨てセリフを言ってみましょう。

「そんなに何でもWeb/Java言うなら,Notes並みのスピードと工数でNotes並みワークフロー作って見ろ〜」
Posted by NDOMINO-S at 2007年08月02日 08:32
■NDOMINO-Sさん

トレンドは確かにあるのだけれど、
必ずしもそれがいつまでも続くと考えるのはやはり性急だと思う。
だけど流されてるほうが楽なんだよね、基本的に。
考えなくてすむから。
そうじゃなくて、大前研一がよく言ってるけど、「頭に汗をかくくらい考えろ」って。
私はとってもこの言葉に共感します。
今しか見えてない、じゃ、次の時代には生き残れないですよね。

それと、確かに、ークフローのアプリを作ろうとするとやっぱりNotesの生産性は格段にいいですよね。
私もとても実感します。
お互いのいいところが組み合わさって前に向かっていくといいのに、と思います。
Posted by せりあ at 2007年08月03日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。