2007年08月09日

■ただより怖いものはない

WEBの世界では雨後の竹の子のように次から次へと新しいサービスが提供されている。
新しいものずきの私は基本的に気になるものは片っ端から使ってみることにしている。
そこにあるアイディアや思想がおもしろいなと思ってるから。
だけど、これらは基本的にフリーであり、永遠のβ版であり、稼働を保証されたものではない。
だから、たいてい使えるからラッキーという感覚で使う。
動かなくても、『まあ、いいか』と諦められる。
それ以上を最初から期待していないのだ。

じゃ、googleはどうなの?とつっこまれるかもしれない。
googleはたいてい動くことを期待できる。機能も満載だ。
でも、私はgoogleがフリーだと思っていない。
私たちは貨幣でコストを払っていないだけで、情報というとてつもない価値があるかもしれないものの代わりにサービスを使っているのだ。
それをフリーとは言わない。
ある種の物々交換だ。

そんな世の中なので顧客はエンタープライズのシステムだって、安くできるはずだと言う。WEBではただなのだから、と。
だったらただのWEBサービスを使えばいい。
システム構築の手間もなく今からだって利用できる。
なのに、なぜベンダーにシステム構築を依頼するのか、そこに彼らもちゃんと答えをもっているはずだ。

セキュリティだったり、サポートだったり、事業継続性だったり、何らかしらの不安を抱えているからこそ、それを使わないのだ。
そしてその顧客が求めているものにはコストがかかる。
googleはソフトウェアの販売というビジネスモデルを利用していないだけで広告収入でもうけ、システムや人材に莫大な投資をしているからこそ、レベルの高いサービスが提供できるのだ。

昔の人はいいことわざを残している。
『ただより怖いものはない』がまさに今のWEBサービスを表している表現だと思う。

そのサービスは本当にただですか。
貨幣よりももっと価値のある何かと交換しているだけではないですか?



-----------------
sent from W-ZERO3
posted by せりあ at 08:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Notes以前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Webサービスどころか、昔から民放のTV番組だってCMがあるから視聴はタダですよね。

私的には、こういうのは釣りで言う「撒き餌」って考えればいいんじゃないかと思っています。
「撒き餌」に釣られて、一番おいしそうな餌を咥えたら糸が付いていて「釣られた〜(CMの商品買うハメになった〜)」と・・・・。

こういう視点から見たらgoogleのやっていることも、いたって普通な話なのですが、
不思議なのはなんでITが絡むとこういった当たり前な感覚が持てないかということ。

無料のWEBサービスでエンタープライズのシステムの業務要件をやろうとする人は言い換えれば・・・・
「釣りの撒き餌を使って餌代でタダで魚の養殖が出来る」と勘違いしている人
世の中そんなに甘くないです。
Posted by NDOMINO-S at 2007年08月09日 13:03
■NDOMINO-Sさん

本当にそうですね。
それをわかってもらうのが難しい(泣)。

コストとサービスのアンバランス感がそうさせるのでしょうけれど。
Posted by せりあ at 2007年08月25日 10:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50768383
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。