2007年11月13日

■Lotus夜Dayに参加予定です

時間が過ぎるのはあっという間で、何かに追われる毎日です。
が、明日は何があってもLotus夜Dayに参加の予定です。

ここではとっても活字にできないディープな話もできたらなあと思ってます。

また、いろんな人に会えるのが楽しみです。
posted by せりあ at 21:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

■Lotus Spring Forum2007

明日はLotusSpringForum2007に参加予定です。
もちろん夜の分も参加です。

このままいくと自分がこのNotes/Domino8のシステム導入の
プロジェクトに携わりそうな感じなので、まじめに勉強予定です。

会場でばったり会ったら声をかけてください。
・・・って私が誰か分かる人のみですが(笑)。
posted by せりあ at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

■Lotus夜Day 2006 年末の会

■Lotus夜Day 2006 年末の会

もちろん、参加予定のせりあです。
Notes/Dominoブログで有名な方々にも会えますし、
伝説の?Notes/Dominoのインストラクターや、
Notes/Dominoのお仕事にかかわっているちょっと変わった人にも会えます。

とかく、エネルギーが有り余っているメンバーで、
めっちゃ、うるさい(笑)、ですが、とっても楽しくなるともいますので、
是非、ご参加くださいな。

こういう場でちょっとづつ、コミュニティの輪が広がっていくのは、
とっても楽しいよ。
posted by せりあ at 18:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Lotus Domino7管理者ガイド

Lotus Domino7管理者ガイド
Lotus Domino7管理者ガイド松尾 圭浩

秀和システム 2006-09
売り上げランキング : 54450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


待ちにまった一冊が出版されました。
もたもたしていて紹介が遅れてしまいましたが、
まだ、手元においていないDomino管理者やDOMINOシステム構築を担当される皆様、騙されたと思ってぜひ一読くださいな。
そして、もっと、Dominoを知ってください。

おすすめの一冊です。
posted by せりあ at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

■Notes/Domino関連ブログ発見

Notes/Domino関連ブログを発見しました。

■ドミノな生活

こうして仲間が増えてくるのは楽しいね。
私も本格的に準備をいろいろ始めてます。

も少し、待ってね、いろいろ。
posted by せりあ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

■知恵熱が出た

9月14日木曜日、新橋某所でものすごく豪華なメンバーとお食事をした。

Notes/DominoのブロガーでもあるO氏、M氏と私の憧れのS氏という面子。
(まったく伏字になっていないけれど、まあ、それは愛嬌ということで)
そんなすごいメンバーがゆえに前日の私はまるで遠足前日の子供のようになかなか眠れなかった。そう、どんな展開になるかも想像できなかった。

メインの話題は「Hannover」についてだったような気もするけれど、
いつの間にか、話題はあっちに言ったり、こっちに行ったり。
久々に脳みそが強い刺激を受けて活性化し始めた。
それぞれの方の貴重な体験談や物の見方に触れることで、
私の中にある何かかが動き出して、普段は眠っているアイディアや言葉が
次から次へとあふれ出す。

おかげで翌日は知恵熱が出た(笑)。
整理できないほどの情報に埋もれて私のささやかな脳みそが悲鳴をあげたのだろう。

一日休んで、今日はヨガですっきりしてきたら、
書きたいことがいっぱいになっている自分がここにいた。

Notes/Dominoの話から多少、脱線するかもしれないけれど、
少しアウトプットしてみようかと思いますので、お付き合いください。

ネットのコラボもいいのだけれど、生身の人間同士のコミュニケーションはやっぱり何かが違うんだね。
posted by せりあ at 22:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

■茶坊主くんがやってきた

とうとう茶坊主くんがブログを始めた。
最初に二人でそんな話をしてからずいぶん時間がたったような気がする。
実際に自分もこうして書くことになるとは思わなかった。

多分、二人に共通している気持ちは「ちゃんとノーツを理解してほしい」
ということなんじゃないかと思う。
ステレオタイプ化された悪い面だけをピックアップされて嫌われるという
悲しい状況に少し反発したい気持ちもある。
それは一種の「愛」かもしれない。

それはさておき、彼は私と違って今も最前線でノーツと戯れている。
いろんな仕事をしている彼だけれど、私から見るとノーツと戯れているときが、
一番、楽しそうな顔をしているし、
彼の語るノーツはよりきらきらと輝いて見えるから不思議。

探究心の旺盛な彼の技術的考察がブログで読める日が来たことがとても嬉しい。
きっと、どくとくの雰囲気にファンが増えるのでは?と思う私でした。

いまのうちにサインでももらっておこうかな?
posted by せりあ at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

■憧れの人

私をちょっとだけ変えたイベントで私はずっとあこがれていた人に出会った。

その人がHPに書いていた記事はインストラクター時代の私にとって、
ひとつのバイブルのようなものだった。
ちょっとした難しいことをどうやって受講生に説明しようかと悩んだりしたときに、
彼の記事を読むとすっと胸につかえた疑問が氷解する、感じがしたのだった。
私は彼の記事のファンになった。
HP上からなくなってもいいように、PDF化してこっそり保管して、
時々、読み返しては納得したり、新しいことに気づいたりする大事な宝箱だった。
その記事は1997年〜2001年の間に書かれたものだけれど、
その根底にあるノーツがもつ思想や、コンセプトは今も変わらないから、
バージョンがどんどん進んだ今でも、その中から新しいことを発見できたりもする。

私にとってよりどころのような記事がこの「SE関のノーツ/ドミノ徒然草」だったのかな。

その憧れの関さんとお話することができた。
言葉は穏やかだけれど、そこにはオブラートに包まれた強い思いが見え隠れする、
とてもダンディで素敵な方でした。
イベントでも彼が基調講演をしていたけれど、私にとってはどの話も身近で、
ちょっとした未来を夢見させてくれる彼の話にワクワクしてる私がいました。

いろんなソフトを扱ってきたし、ソリューションも手が手がけてきた。
よくできているなと関心するソフトもあったけれど、
Notes/Dominoはいつも私をワクワクさせてくれる進化を遂げるソフト。
これかの進化を関さんの話をきいてとっても楽しみになりました。

次のノーツが出てくるのが待ちきれなくなってきたよ。
posted by せりあ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

■化学反応

2006年7月12日。

この日は私にとって忘れられない日になった。
愛してやまないNotes/Dominoのために何かをしようと思った日。
多くの人との化学反応にあった。
熱い人たちとの交流が私にちょっとした力をくれたんだと思う。

今までいろいろとブログも書いてきたけど、
お仕事ネタのコアな部分はあまり書かなかった。
容易に自分が誰か分かってしまうことに少し臆病だったとこと、
あまりにも自分にとってディープな部分だったので、
語るのが億劫だったのかもしれない。

でも、私はやっぱり書こうと思う。
熱狂的に愛され、そして不思議なくらい毛嫌いされているこのソフトのことを。
私の仕事人生をがらっと変えたNotes/Dominoの事を。

普段のブログで書こうかな、とも思ったのだけれど、
やっぱり、専用のブログで書くことにしました。
実名で書くことも考えたのですが、どうせ分かる人には分かると思い、
このままで行くことにしました。
気が変わったら、実名にするかもしれません。

ソフトのことも書きたいし、私自身がどんな風にかかわって来たのかも、
書いていけたらいいと思っています。
そして、この誤解され続けているソフトを少しでも分かってくれて、
楽しんでくれる人が増えたらもっと楽しいだろうな。
posted by せりあ at 20:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。